東郷美容形成外科 福岡  院長の東郷です。

今回は唇のヒアルロン酸注入について、よくあるご質問をまとめてみました。

唇のヒアルロン酸注射について、詳細はこちら。

ふっくらした唇になることでセクシーで女性らしい印象になります。

さらにヒアルロン酸の保湿作用によりみずみずしい唇となり、若返り治療としても効果的なおすすめの施術です。

唇の形や薄さにお悩みの方に、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

Q. 唇のヒアルロン酸注射は痛いですか?

A. 注射の時の最初にチクッとする痛みと、ヒアルロン酸が入るときに押されるような痛みがあります。

当院推奨のマイクロカニューレを使うことで、より痛みや刺す回数が少なく、注入後の腫れも少なくすることができます。ご希望の方は是非ご相談ください。

 

Q. ヒアルロン酸でタラコ唇になりませんか?

A. ヒアルロン酸を入れすぎると、厚ぼったいだけの、いわゆるタラコ唇となる可能性はあります。

ヒアルロン酸注射は簡単な手技に思われがちですが、医師のセンスや注入技術によって大きく差が出る治療です。

当院ではヒアルロン酸注射の経験豊富な院長が、注入過程で形を確認しながら、お一人ずつのご希望に合わせた注入を行っています。

 

Q. ヒアルロン酸注射をすると口が動かせなくなりますか?

A. ヒアルロン酸を入れすぎた場合、重くなって口が動かしにくくなる可能性はあります。通常の使用量ではそうなることは考えにくいですので、ご安心ください。

 

Q. 1回の注射でどれくらいの量のヒアルロン酸を使いますか?

A. 元の唇の状態や、希望する形によって異なりますが、通常上下で0.6~0.8cc程度、多く使う方でも1.0cc程度です。

 

唇 くちびる ヒアルロン酸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡・博多で美容整形・プチ整形なら      東郷美容形成外科 福岡

院長  東郷智一郎