東郷美容形成外科 福岡 院長の東郷です。今回は若返り、アンチエイジング治療の中でも特にご要望の多い、ほうれい線に対するヒアルロン酸注射のご相談です。

30代女性、年齢とともに徐々に深くなる、ほうれい線の治療をご希望でご来院されました。診察時には特に左の方が深いほうれい線がありました。

なるべく、ダウンタイムが少なく効果的な治療をご希望されたため、ほうれい線に対するヒアルロン酸注射と、たるみ・小顔の治療器であるHIFU(ハイフ)ハイソニックを組み合わせて治療を行うこととしました。

ほうれい線は頬の部分と鼻の下の部分との段差が大きくなることで目立つようになり、段差が深くなる原因には大きく二つあります。

1つ目は頬や目の下の部分の組織がたるみ、下方向に落ちてくること①です。2つ目は鼻の下の部分の組織(骨や筋肉、脂肪)が痩せること②です。

①に対してはたるんだ組織を上に持ち上げれば解決するため、ハイフ治療糸によるリフトアップフェイスリフトなどが効果的です。

②に対しては痩せてしまった組織を補うためにヒアルロン酸などで補充することが効果的です。

ヒアルロン酸 ジュビダーム アラガン

中等度以上のほうれい線にたいしては、①と②の治療を組み合わせた方がより効果的です。

当院では主に浅いほうれい線には「ジュビダームビスタ ウルトラ」、深いほうれい線には「ジュビダームビスタ ボリューマ」を使用しております。

ヒアルロン酸の注入は、途中鏡で形を確認しながら約5~10分ほどで終了します。直後から、ほうれい線が薄くなり効果が実感できるため、満足度も高い治療です。

当院では他にもボトックス注射や各種手術治療など、しわ、アンチエイジングのトリートメントを専門的に幅広く行っております。ご相談のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。

東郷 美容整形 福岡

福岡・博多で美容整形プチ整形なら

東郷美容形成外科 福岡

院長 東郷智一郎