9月下旬ともなれば、さわやかな秋晴の季節となりました。

また、新型コロナウイルス感染症第5波による緊急事態宣言解除までもう少しですね。

引き続き油断はできませんが、一日も早くこの状況が落ち着き、安心した生活が送れるようになればと切に願っております。

 

さて本日は、

気になる厚い唇、たらこ唇の治療方法、希望のM時リップになりたいetc、唇縮小術のご紹介です。

※唇を薄くするお治療です。

 

マスク生活が長引く中で、男性・女性問わず、唇の厚さにコンプレックスを抱かれている方の唇縮小術のお治療が増えています。

唇縮小術は、上下両方もしくは、いずれか片方でのお治療も可能です。

 

 

まずは、カウンセリングにて

上下どちらの唇の厚みが気になっているか

どのあたりの厚みが気になっているか を伺います。

 

その後、

医師から見たバランスのご提案と患者様のご希望に沿った唇の薄さのデザインを決めて、

切開、切除部分、傷跡の確認を一緒に行います。

 

 

手術時間は?

片方約20分です。

 

 

術後は?

内出血がでる可能性がございます。内出血がでた場合は、時間経過で落ち着きますので、ご安心下さい。

口内を清潔に保っていただきたいので、こまめなうがいと歯磨きは意識して下さい。

刺激物、熱い物、硬く角のある物を食べることはお控えいただきます。

 

 

抜糸は?

吸収糸を使用しており、1ヶ月以内には自然にとれていきますが、

口元に糸がついたまま過ごしにくい方は1週間~10日後に抜糸となります。

 

 

普段はダウンタイム(内出血)が心配で、

唇縮小の手術に踏み出すのを躊躇われていた接客業の方の唇縮小術も特に増えています。

 

長年のコンプレックを解消された事で、

唇にリップを塗るのが楽しい、

今までは、写真に写る自分のコンプレックスであった厚い唇ばかりに目がいっていたけど、

今は本当に満足、手術を受けて良かったという嬉しいお言葉もいただいております。

 

 

マスク生活の今だからこそ厚い唇でお悩みの方は、

ぜひ唇縮小術をご検討いただき、理想の唇を手に入れられてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

福岡・博多で美容外科・美容整形なら 医療法人東耀会 東郷美容形成外科 福岡

東郷美容形成外科 福岡フリーダイヤル:0120-15-0507
メール:info@togo-clinic.net
福岡市博多区博多駅前2-17-26 オオエスビル2階
診療時間10:00~18:00 (完全予約制)