こんにちは、東郷美容形成外科 福岡 院長の東郷です。

今回は小顔治療のなかでも特にご相談の多い、エラのボトックス注射について、よくいただくご質問をまとめました。輪郭・小顔治療をお考えの方に参考にしていただければと思います。

Q エラのボトックス注射で必ず小顔になりますか?

A ボトックス注射で小顔効果がでるのは、顔の両側にある咬筋という筋肉が痩せるためです。もみあげの下あたりを触りながら、強く噛みしめると動く筋肉が咬筋です。もともと咬筋が発達している方でしたら、高い小顔効果が期待できます。

 

Q ボトックス注射の副作用はありますか?

A 適切な使用量を正しい部位に注入すれば、副作用はほとんどありません。まれに注射後に固いものが噛みにくくなる、食事の時に噛み疲れがでる方がいますが、時間とともに体が慣れることで軽快していきます。

 

Q エラボトックスはどれくらいの間隔で注射するのがいいですか?

A 個人差がありますが、ボトックス注射の効果の持続期間は3~6ヶ月です。最初のうちは半年に1回程度の注射をおすすめします。ボトックス注射を繰り返すうちに、咬筋そのものが痩せてくるため、持続期間が長くなり治療間隔が1年に1回ほどの注射でよくなります。

 

Q エラのボトックス注射をすると笑えなくなります?

A 咬筋の近くにある笑筋という筋肉にボトックスの作用が及ぶと、一時的に顔の動きがアンバランスになることがあります。

通常、正しい部位に適切な量のボトックス注射をすれば起こることは極めて稀です。万が一、笑筋に作用した場合は2ヶ月程度で徐々に回復していきます。

 

福岡・博多で美容整形・プチ整形なら東郷美容形成外科 福岡      輪郭 小顔 エラ ボトックス 院長 東郷智一郎