東郷美容形成外科 福岡 院長の東郷です。目頭切開について、よく頂くご質問をまとめました。

目頭切開は手術メニューのなかでも、特に私が得意としている手術でもあります。目頭切開をお考えの方にご参考にしていただければと思います。

Q 手術中や術後の痛みが心配です。

A 局所麻酔の効果で、手術中は無痛です。ご希望の方は静脈麻酔などの併用もできますので、ご相談ください。

術後も痛み止めを処方しますが、軽い鈍痛程度で、問題となるような痛みが出ることはほとんどありません。

 

Q 目頭切開では傷跡は目立ちますか?

A 個人差がありますが、術後1か月ほどは赤みが出ます。通常のメイクで十分に隠せる程度です。

その後、徐々に目立たなくなり、傷跡はほとんど分からなくなりますので、ご安心ください。

 

Q 術後の腫れや内出血はどのくらいですか?

A 目頭切開の手術では、腫れや内出血を生じることはほとんどありません。内出血(あざ)が生じた場合、メイクで十分にカバーでき、2週間ほどで自然に消失します。

 

Q 一重まぶたのままでも目頭切開はできますか?

A はい、目頭切開は、まぶたの形に影響を与えずに施術可能です。

 

Q 余り大きな変化は望んでいないのですが、微調整はできますか?

A 当院で採用している内田法(W形成)は目頭の形の微調整が行いやすい術式です。

目頭を切開する程度の調整や、もともとの左右差の調整なども高い自由度で行うことができます。

 

Q 目頭切開の術後、コンタクトレンズやメイクなどはいつからできますか?

A コンタクトレンズは抜糸後(術後1週間)からご使用になれます。メイクは傷以外は翌日から、傷の部分は抜糸後から可能です。

 

福岡・博多で美容整形・プチ整形なら東郷美容形成外科 福岡          院長  目頭切開 福岡 美容外科東郷智一郎